あなたの手に馴染んだPC機器を、次のお客さまへとつなぐための買い取りをご提案。

EDIUS Pro 9

2018年12月04日(火)


カノープス……ああ、今はグラスバレーでしたっけ。Edius Pro 9です。
カノープスは昔あったグラフィックボードの製造メーカーで、PowerWindow 3DVとか有名でした。
パソコンでテレビを視聴したり、ビデオ変換するPowerCaptureとかも有名でしたね。
その後トムソンという会社に買収されたり、グラスバレーという会社と合併したりして、現在はグラスバレーという社名に変わっています。
現在は何が主軸なんだろう……でも、私たちがよく目にするのは、この「Edius」シリーズです。
いわゆるプロ向けの動画編集ソフトで、AdobeのPremiereなんかと同じ系統のものです。
知名度ではPremiereに及ぶべくもないですが、プロの世界では意外と支持者が多かったりします。
その特徴は、なんといっても軽量なこと。パソコンのスペック要求が比較的軽めなこと。
あくまで動画編集ソフトなので、Premiereとできることはだいたい同じですが、同じ作業でも相当な差ができるほど軽量なため、作業時間の大幅な短縮に結びついているというのが現場の声です。作業終盤に向かうほど処理は重くなっていくのですが、Edius Proであれば最後の方まで軽快な動作を維持し続けてくれます。
パソコンもMac Proクラスのヘビーなパソコンではなく、市販のDellやHPのハイスペッククラスで十分対応できるそうで、その辺も長い人気の秘密なのです。
リニーズでも滅多に入ってきませんが、どういうわけかリニーズは映像関係のお客さまが頻繁に出入りするので(会社の隣が大手アニメ制作会社だったり、土地柄なのでしょうか)、意外と売れ残らずにいます。そこそこのお値段で買い取りますよ。

Microsoft Office 2010 / 2007 / 2003 OEM版

2018年12月03日(月)


定番のMicrosoft Officeシリーズです。
これだけ安価な別製品が流通していても、マイクロソフト製は別格です。
2003は相当微妙ですが、2007であれば幾らかお値段が付きます。すさまじい製品寿命です。
OEM版はパソコンやタブレットの付属品として流通しており、マイクロソフトによって単独での譲渡は禁じられています。
ただ禁止しているのはマイクロソフトであって、日本の法律ではありません。民間の契約による禁止事項です。
ではその契約は誰と結ばれたかというと、少なくともリニーズは彼らと契約を交わした当事者ではないことを、所轄警察や法律の専門家と確認した上で買い取りを行っています。
このオフィスソフトについては、市場に出回っているコピー商品に手を出してしまう、未必の故意(それとなく分かっていて購入してしまう)という犯罪行為に安易に手を出してしまうことの方が大きな問題です。
もし、安くOfficeを買おうと思っているのであれば、ちゃんとした業者を選んで購入することが重要です。

メモリの山

2018年11月30日(金)


え、これ検品するんですか?
……ある会社さんから送られてきたメモリの山。
一応ほぼすべてDDR3メモリです。DDR4は……ないな。
リニーズでは、ざっくり送っていただければ細かい検品を行います。
法人様をはじめ、ひとつひとつ対応できない、そんなヒマはない、という場合にご重宝いただいています。

Docomo Arrows Tab / デジ像

2018年11月29日(木)

ドコモのArrows Tabとプリンストンのディスプレイ拡張ユニットです。
仲の良いお客さまとのお付き合いでお引き取りさせていただいたのですが、Arrows Tabはかなり古い型式ながら一応の需要が見込めて買い取り。
そんなに期待しても出てこないですが、リニーズ的には諸経費払っていくらか残りそうな場合は、原則的に買い取りさせていただきます。

Office 2010 Home and Business / やよいの青色申告

2018年11月27日(火)

やはり年末に近づくにつれて多くなる会計ソフト。
今日だけで4本入りました。。
お手頃価格でお客さまにご提供できるのも、こうした皆さんのご協力あってのことです。

Office 2010は、まだまだ一応の値が付きます。
リニーズでは特に2010、2013の人気が高く、積極的に買っています。
ぜひお手元にあればお譲りください。

1 7 8 9 10 11 12